ライジングパートナー

ライフアッブするために

ユーミン「ラッサッサーヤンゲー」なんか懐かしい思い出

松任谷由実の「ラッサッサーヤンゲー」を聞いてなぜか、なんともなつかしく、やさしい気持になった スラバヤ通りの妹へ/松任谷由実 文化放送で、ロンドンブーツ1号2号田村淳の番組でゲスト山田昌弘さんがリクエストされた曲で、松任谷由実さんの「ラッサ…

過去の地震災害に学ぶ、通電火災を未然に防ぐ感震ブレーカーの設置

通電火災を未然に防ぐために感震ブレーカー 通電火災とは、停電が復旧した際に、倒れた電気ストーブやオーブントースターなどに接触している可燃物などから出火する火災です。 地震の時に揺れに伴って電気機器からの出火などの火災を未然に防ぐためにも、対…

訪日客5月も過去最高を更新へ、文化も発信へ

訪日客(267万人)5月・過去最高を更新 日本へ来られる訪日客が、過去更新しています。2018年5月では前年同月比で16.6%の増加です。267万5,000人となっています。 内訳ですが、1.中国 66万8,600人(29.3%増)2.韓国 64万400人 (14.6%増)3.台湾 44万100…

直下型地震、基本対策のポイントを再確認

直下型地震で基本対策のポイントとは 6月18日に起きた大阪北部地震は、直下型地震でした。 震源の深さは13キロと近かったのですが直下型地震だったために、揺れが大きかったです。 都市型での直下地震では地震の規模が比較的小さくとも地表が大きく揺れて被…

非常用電池『エイターナス』は空気だけ発電する優れもの

空気に触れるだけで発電する画期的な発電池 太陽光も水も一切不要!!必要なのは空気だけ!太陽光も水も不要!USB機器だけでなく、AC100V家電機器が動く日本初の災害・非常用電池! 保存袋を開封するだけで発電!燃料補給や充電は不要! エイターナス Aセッ…

LEDライトは災害時・停電時に必須の懐中電灯

LEDライト・ヘッドライトは停電時、必須の懐中電灯 LEDライトは、防災グッズの必須品です。なかでも、LEDヘッドランプなどは、避難する時に両手が空けられているので利点は大きいですね。 ⇒ LEDヘッドランプ ランキング(Amazon) LEDライトは、熱を光に変え…

人生100年時代の本当の生きがいとは何か?

人生100年時代の生きがいを考える 日本では少子高齢化社会ではなく、すでに少子高齢社会そのものです。 少しでも長生きしたいと願うのは人情としても当然のことです。 ただ、いかに元気で暮らせる健康寿命を延ばすかが大切かということが、わかって来ました…

雷対策の時期に早めに対策を!「雷ガード付き電源タップ」

毎年、雷シーズンの6月末~8月の時期になる頃は、 パソコンの電源タップは雷対策が気になります。 身近なところ知人に本当に家の近くで雷が落ちて、 パソコンがオダブツになった話を聞いています。 電源は必ず雷対策のタップから取るようにしたほうが 絶対に…

「18歳成人」改正民法が成立、2020年4月から

「18歳成人」へ改正民法が成立、2020年4月1日から 成人年齢を20歳から18歳へ引き下げる改正民法が成立しました。 成人年齢が2020年4月1日から施行され、18歳からが成人となります。 「18歳成人」の主なポイント ・民法の成人年齢を20歳から18歳に引き下げ・…

「ホウ・レン・ソウ」と「お・ひ・た・し」

対話力に求められる「ホウ・レン・ソウ」と「お・ひ・た・し」 ホウレンソウとは、社会人となると先輩上司よりはじめに教えてもらう社会及び会社でのルールです。 ホウレンソウは、報告・連絡・相談のことです。組織・チームで仕事をやっていくのは、どうし…

シニアの人こそ、スマホを使いこなすべき

ガラケーからスマホは、シニアの人こそ スマホのほうが使い勝手がいいに決まってますが、未だにガラケの携帯電話を使っている人がいます。 だからといって、ガラケの携帯を使っている人を決して批判しているわけではないです。 むしろ逆で、スマホを使わない…

「和食」と「しょうゆ」で日本文化を世界へ情報発信を

日本のしょうゆ需要が拡大へ 日本のしょうゆが和食ブームもあって米国が牽引しているとのこと。 ユネスコが、2013年に和食を無形文化遺産として登録することが追い風となっているようです。 (平成25年12/5産経新聞) 和食への健康志向がマッチして、 しょう…

デスクワークによる悪い姿勢を直して健康予防のポイント

デスクワークで長時間の悪い姿勢によ腰痛を防ぐ デスクワークによる肩こりや腰痛に悩む人は多いです。 その原因は、何でしょうか。 1日デスクワークでの業務を行っている人多いです。 どうしてもパソコンデスクの画面を見ている時間が長いので、姿勢の悪い人…

自転車は、道交法では軽車両扱い、安全利用5原則を守らないと・・・

自転車は道路交通で軽車両扱い、安全利用5原則を正しく知ってルールを守って運転しよう 便利な乗り物の自転車は、一方では危険と隣合わせでもある。 警察庁によれば、平成29年の交通事故発生状況では自転車の事故が9万件あるとのこと。 そのうちは、自転車に…

受動喫煙防止で人を守る

受動喫煙防止が、今、国と都の間で注目となっていて どちらが人を守る法律となるのかということです。 受動喫煙が社会の問題としてクローズアップしている。 国の受動喫煙防止法案は、既存の小規模店は、喫煙と分煙の表示をすれば、当分の間は、喫煙を認める…

改正医療法で6月からはじますネット広告規制はこれだ!

改正医療法が6月から施行されますね。 こらからは、野放しなっていた?医療広告にも 厳しい規制が起きるということか。 医療広告・ウェブも規制対象へ 2018年6月より改正医療法が施行されます。 インターネット・ウェブ広告などで医療広告などでトラブルを防…

サバ、イワシの新たな消費喚起、缶詰で保存食、しかも栄養もしっかりあるしね。

日本のサバ、イワシが人気がないんですね、 漁獲量では結構な量があるようなんですが、 人気がないためか、消費量が少ないんだそうです。 シーチキンなどは、結構有名で色んなケースで 使われているんで、消費量も多いんだとか。 そんなことで、日本一の漁獲…

EU・個人情報保護を強化する背景とは何でしょうか?

欧州は、個人情報を企業から規制していくことになりますね。 EUでは、「GDPR・一般データ保護規則」を25日から施行します。 これによって、企業が個人情報の管理を厳しくチェックして 欧州からの持ち出しは禁止してします。 違反すると莫大な制裁金が課せ…

食品ロスは日本の「もったいない」の考えでリーダーシップを

食品ロスが課題となっています。 もったいないという日本の伝統的な考え方が あるにもかかわらず、毎年多くの食品が廃棄 されているんですね。 2015年度は、およそ646万トンとされています。 これは、家庭から、飲食店から、またスーパーからの店頭か…

近未来に確実に起こる・2040年の日本の姿

2040年の日本の姿がちょっとすごいです 東京新聞5/22から 人口 2018年より13% 減 、 未成年者は、 17%から13%へ減少、 生産年齢人口 56%から43%へ減少。 後期高齢者(75歳以上) 13%から18%へ増加 社会保障給付費(一人あたり) 92万円から152万円へ …

民泊新法は異文化と地域活性化へのカギかもしれませんね。

民泊新法が6月より施行されます。 日本への旅行者の増加に伴い、宿泊施設が足りないんです。 そのためにも、民泊が解禁になったわけです。 異文化と地域活性化が期待されています。 昨年2017年では訪日客が2869万人を超えて、 消費額も4兆円と言われて…

ジャパネットたかた・創業者、髙田明さんの「伝える力」の秘訣

ジャパネットたかたの創業者である、髙田明氏は、今は地元長崎で「V・ファーレン長崎」でサッカーの球団の社長をやっている。 髙田さんといえば、あの長崎訛りでのジャパネットたかたでのテレビショッピングでの語りが記憶にある人が多いですね。 なぜ、あそ…

ことばの日に考える、ことばの大切さについて

ことばというのは、人をしてその人の心を映しだし、 時として相手のこころを変えていくものです。 今日五月八日は、「ことばの日」。 最近は読書というか、本を読んでいる人をあまり見かけなく なりました。 電車に乗っている時が一番その感を強くするもので…

認知症と老化現象の簡単な違いについて

認知症ということを最近はラジオなどを聴いていていもよく 聞かれるようになりましたね。 でも、意外にも認知症というのを正確に知っている人って少ない?のではないか?実際に自分もそうです。 雑誌などで、見たうちのなかで、メモと覚書としてチェックして…

メルカリから変わる働き方改革

メルカリが、AIを利用することで、素人がものを売るフリーマーケットを さらに、垣根を低くして、市場を大きくしていくようですね。 メルカリの高成長の理由が、説明文書きや出品手続き等の手間を 簡素化して、ほぼ自動化することで多くの人の出品数に成功し…

シニア世代前の50代への営業かける、前倒しシニア割

シニア割というのがありますが、今企業では、この世代の人への攻めの営業を かけているようですね。 理由は、ただひとつですね。 少子高齢化ですが、この世代・50代の人、男性女性も含めて60代の前の世代の人へのターゲットにしているということ。 もともと…

医療機関の選ぶ際には、偶然に任せず自ら選んで治療するようにすること

医療機関の活用法ということで、大切なことって知っていますか。 それは、偶然に任せず自ら選んで治療するようにすることです。 医療機関に行く時に、どういうふうに決めているでしょうか。 今は、スマホで検索して、地域名を入れて自分の住んでいるところで…

銀行ATMが減ってきてその 受け皿のコンビニATMでも、利用機会が減ってきた

減少することが確実になってきたというのが、コンビニでのATMとか言う話ですが、 流石に、日本ではまだ、そこまで急速には行かないと思うんですが。 ただ、セブン銀行などコンビニATMでの利用率は漸減とのことですね。 お隣の中国ではスマホでの決済が、…

ネット・スマホ信者の弱点について

ビートたけしさんの「ネット・スマホ信者の弱点」ということがネットでちょっと炎上気味だったようです。 へぇ・・・と思い覗いてみると、なるほどでした。 ビートたけし「ネット・スマホ信者の弱点」を指摘 | ニコニコニュースhttp://news.nicovideo.jp/wat…

液体ミルク製品化へ加速する取り組み

液体ミルクは、今国内で一般には販売されていないんだそうですね。 でも、乳児用液体ミルクは粉ミルクより簡単に授乳ができたりして便利です。 特に災害時への備えを考えると活用できる利点があります。一方で長期間保存の時の品質の確保や採算性が課題には…